競馬予想の名馬達《ジェンティルドンナ》

競馬予想の名馬達《ジェンティルドンナ》

ジェンティルドンナの父はディープインパクト、母は名牝としても知られるドナブリーニです。

生年月日は2009年2月20日、生産牧場はノーザンファームです。

馬主はサンデーレーシングで、デビュー時から石坂正調教師の手で管理されていました。

父は種牡馬として大きな期待をされていたディープインパクトと言うこともありデビュー時から期待されていたジェンティルドンナですが、新馬戦ではエーシンフルマークの2着に敗れています。続く未勝利戦では2着馬に0.6秒差をつけて圧勝しています。未勝利戦を勝利した後は牝馬としては例外的なコースを選択し、牡馬も出走するシンザン記念に出走し勝利をおさめています。牝馬クラシックへ向けてはチューリップ賞をステップレースとして選択していますが、直前の発熱の影響もあり4着と言う成績を残しています。

ジェンティルドンナの通算成績は19戦10勝となっており、牡馬とも渡り合う能力を持った牝馬として知られています。

競馬予想にも度々関わってくる名馬であり、主な勝ち鞍は有馬記念やジャパンカップなど数々のG1です。

ジェンティルドンナは牝馬クラシック戦線でも3冠を獲得するなど、歴代の名馬の中でも素晴らしい戦績を残しています。

2012年のジャパンカップでは、当時の最強馬として活躍していたオルフェーヴルを破って優勝を果たしており、引退レースである2014年の有馬記念でもラストランを勝利で飾っています。
また2014年度にはドバイにも海外遠征を行っており、ドバイシーマCを海外の名馬達を退け優勝していることも彼女の価値を高めています。

引退後にはキングカメハメハと種付を行い、繁殖牝馬としても期待されています。