競馬予想の名馬達《アグネスタキオン》

競馬予想の名馬達《アグネスタキオン》

競馬予想でアグネスタキオンのような堅い軸馬がいれば、予想は非常に楽です。アグネスタキオンは、たった4戦しかしなかった虚弱体質な体と裏腹に、強烈な強さを競馬ファンに与えた記憶に残る名馬なのです。

アグネスタキオンの生年月日は1998年4月13日で、生産牧場は日本一の社台ファームにて誕生しました。父はあの名種牡馬サンデーサイレンス、母は桜花賞馬アグネスフローラと、エリート中のエリートとして大きな期待を背負い誕生したのです。また1歳上のアグネスフライトがダービーを制していたことも期待を背負う理由でした。

アグネスタキオンは、2000年12月の阪神競馬場にてデビューしました。芝2000mとクラシックを狙う期待馬が揃った新馬戦であり、アグネスタキオンは3番人気とやや人気は無かったのです。しかし微妙な人気をいい意味で裏切り、重い阪神の馬場では異色の33秒代の末脚で見事に差し切ったのです。続くラジオたんば杯3歳Sでは後のG1馬が多数集まる豪華な顔ぶれとなりましたが、またもや最速の上がりで今度は先行して圧勝したのです。兄や母の主戦ジョッキーであった河内騎手は、アグネスタキオンのさらなる可能性を確信し、管理する長浜博之調教師に兄を超える逸材だと伝えたのです。

翌年の皐月賞前哨戦である弥生賞に出走したアグネスタキオンは、ライバル達が前哨戦で戦うのを避けたため、圧勝してクラシックを迎えたのです。そして皐月賞は単勝130円の支持を集め、勝ち方に注目されるレースとなりました。トリッキーな中山競馬場でも、危なげなく先行抜け出しを決め、見事に圧倒的支持に応えたのです。

次のダービーも勝ち方に注目されるレースとなるはずでしたが、左前浅屈腱炎を発症し引退を余儀なくされたのです。通算成績は4戦4勝、主な勝ち鞍は弥生賞と皐月賞だけでしたが、2年連続でクラシックを勝った馬主渡辺孝男氏の運の良さが際立っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です