競馬予想の名馬達《ミホノブルボン》

競馬予想の名馬達《ミホノブルボン》

牡馬のクラシック三冠は皐月賞、日本ダービー、菊花賞です。これらのレースはすべて距離が違いますし、また夏をまたぐので三冠馬になるのは非常に難しいといえます。その三冠馬という称号に無敗で挑んだのがミホノブルボンです。

生年月日1989年4月25日、父がマグニテュード、母がカツミエコー、生産牧場は原口牧場、馬主はミホノインターナショナルであるミホノブルボンは、決して前評判が優れているという馬ではありませんでした。しかし、調教師の戸山為夫は鍛えてもへばらない体力に目をつけ、ブルボンに過酷ともいえる坂路調教を行います。

当時、坂路調教はまだ新しい調教方法でしたが、力をつけたミホノブルボンは無敗でG1の朝日杯3歳ステークスを勝利、そして、前哨戦を経て、皐月賞を逃げ切りで勝ちます。

ただ、競馬予想家たちは日本ダービーを勝つかどうかという点で疑問を投げかけました。というのは、父がマグニテュードという血統は基本的に短距離馬であり、2400メートルの日本ダービーは長すぎると考えたのです。しかも、ミホノブルボンは逃げ馬であり、激しいマークを受けてダービーを逃げ切るのは大変です。

ところが日本ダービーでも逃げ切って圧勝、いよいよ、無敗で菊花賞に挑むことになりました。しかし、このレースはいつもと違うところがありました。それはブルボンよりも前に行く馬がいたということです。常に先頭で走っていたミホノブルボンは、二番手から前を追いかけました。むきになって追いかけるとスタミナを消耗してしまうため、騎手は手綱を引いて抑えます。

そして、最後の直線、先頭に立ったミホノブルボンでしたが、いつもと違うレースでわずかに消耗していたのか、直線で勝ち馬に差されてしまい二着に終わってしまいました。

結局、このレースが最後になりましたが、通算成績8戦7勝2着1回、主な勝ち鞍が皐月賞、日本ダービーというのは本当に立派だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です