競馬予想の名馬達《スペシャルウィーク》

競馬予想の名馬達《スペシャルウィーク》

競馬予想においてはこれまでに、高い実力を持った数多くの名馬達の名前が、様々なレースの優勝候補として挙げられてきました。そういった名馬達の中でもスペシャルウィークは、一時は日本における最高賞金獲得馬であったこともあるほど、その名を大きく轟かせていた馬です。

スペシャルウィークの生年月日は1995年5月2日で、生産牧場は日高大洋牧場でした。その父親はサンデーサイレンス、母親はキャンペンガールですが、特に有名なのは父親のサンデーサイレンスの方でしょう。アメリカ生まれの競走馬だったサンデーサイレンスは、引退後に日本に種牡馬として渡って来ました。その産駒の中からは数多くの名馬が誕生しており、13年連続でリーディングサイアーの座を獲得したサンデーサイレンスは、日本の競馬の歴史の中でも特に優れた種牡馬なのです。

また母親のキャンペンガールは、無敗のまま引退した名馬マルゼンスキーの産駒でありながら、競走馬としては目立った結果を残せませんでした。そしてキャンペンガールはスペシャルウィークを生んですぐに亡くなってしまったのですが、その名前は成長して名馬となった息子のおかげで、多くの人に知られるようになったのです。

スペシャルウィークの馬主はこれまでに複数の重賞優勝場を所有してきた実業家の臼田浩義氏で、調教師は2015年に引退し、現在は評論家として活動している白井寿昭氏です。

スペシャルウィークの通算成績は17戦10勝です。その主な勝ち鞍としては、1998年の東京優駿(日本ダービー)を思い浮かべる人が多いでしょう。大差での優勝を果たしたこのレースは、今でも多くの競馬ファンの語り草となっています。その他の主な勝ち鞍としては、1999年の天皇賞(春)やジャパンカップがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です